« | »

2008.05.31

金鯱賞 《重賞レース結果》

東京競馬場に行っていたので、馬券のショットは無し。この後、ダービーの予想を書くので手短に。


金鯱賞

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 12 エイシンデピュティ 牡6 57.0 岩田康誠 1:59.1 496 -2 2
2 15 マンハッタンスカイ 牡4 57.0 芹沢純一 1:59.3 1 1/2 526 0 11
3 4 カワカミプリンセス 牝5 55.0 武幸四郎 1:59.3 クビ 496 +2 5
4 5 サクラメガワンダー 牡5 57.0 福永祐一 1:59.5 1 1/4 480 -2 3
5 2 カネトシツヨシオー 牡5 57.0 幸英明 1:59.5 クビ 490 +2 14

◎4カワカミプリンセス 5番人気 2着
○13アドマイヤオーラ 1番人気 6着
▲5サクラメガワンダー 3番人気 4着
△12エイシンデピュティ 2番人気 1着
△14アサカディフィート 13番人気 10着
小雨やや重。宝塚記念の重要前哨戦だが、レースは平凡なものになってしまった。逃げた2番人気エイシンデピュティがそのまま逃げ切り勝ち。2着も2番手につけていた11番人気マンハッタンスカイ。3着に3番手追走から俺の本命カワカミプリンセス。って、道中の順番そのままだよ。
3、4コーナーで武豊のマチカネオーラが競りかけていったんだけど、ペースが遅かったので効果なかったね。
なお、レース中に左第1指関節脱臼を発症して競走を中止したローゼンクロイツは予後不良となった。
思い起こせば2005年の皐月賞とダービーで本命にした馬だ。ディープインパクトがいた年だったんだけどね。馬券的にはおいしい思いはさせてもらえなかったが、サンデーサイレンス×ロゼカラーという良血に相応しい、良い馬だったね。
この世代の牡馬、特にディープと走った馬たちは、なにか吸い取られてしまったかのように、古馬になってからパッとしなくなってしまったが、この馬は古馬になってからも2007年の中京記念、金鯱賞を連勝するなど、中距離戦線で活躍した。
冥福を祈りたい。ゆっくり休んでな。