« | »

2008.05.11

NHKマイルC 《Jpn1レース回顧と馬券結果》

NHKマイルCのレース回顧と馬券結果。


詳細
NHKマイルC

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 9 ディープスカイ 牡3 57.0 四位洋文 1:34.2 508 0 1
2 5 ブラックシェル 牡3 57.0 後藤浩輝 1:34.5 1 3/4 526 -4 3
3 14 ダノンゴーゴー 牡3 57.0 藤岡佑介 1:34.8 1 3/4 456 -2 14
4 7 ドリームシグナル 牡3 57.0 吉田隼人 1:35.4 3 1/2 464 0 13
5 15 ファリダット 牡3 57.0 武豊 1:35.5 1/2 468 +2 2

◎1サトノプログレス 6番人気 7着
○8サダムイダテン 5番人気 8着
▲17アポロドルチェ 12番人気 11着
△16エーシンフォワード 7番人気 10着
△18ダンツキッスイ 10番人気 17着
印を付けた馬が一頭もこなかった…。
雨は止み、午前中重だった馬場もやや重まで回復。
飛び出したのはゴスホークケン。3ハロン34.6秒、4ハロン46.7秒、5ハロン59.2秒。馬場を考えると速めのペースだ。外に広がって直線。ゴスホークケンは早々に失速。替わって3番人気ブラックシェルが先頭に立つが、その内をすくって1番人気ディープスカイが先頭に。最後は1馬身3/4の差をつけての快勝。馬連は堅かったが、3着14番人気のダノンゴーゴーで3連単・複は荒れた結果となった。
勝ったディープスカイはJpn1初制覇。前走毎日杯に続いての勝利となった。道中は後方3番手くらいを追走。3、4コーナーで動いて、開いた内を突いた。湿った馬場も気にならないタイプなのだろう。勝ちタイムの1分34秒2はやや重ならこんなものかとは思うが、ちょっと物足りない。このペースならやや重でも33秒台が欲しいところだったが、まぁタイムは目安に過ぎないね。次走がダービーなのか安田記念なのか休養なのかは分からないが、ダービーなら面白い存在になるだろうし、安田記念なら要らないだろう。
2着にブラックシェル。勝っていれば父クロフネとの親子制覇だったんだが、惜しい競馬だった。中団後方から早めに動いて、直線でも一旦先頭に立ったが、最後は勝ち馬にかわされた。仕掛けがちょっと早かったということになってしまうかもしれないが、結果としては上々だ。
2番人気ファリダット5着。道中は勝ち馬と同じくらいの位置取り。ただ仕掛けはずっと遅く、4角でもまだ後方2番手。直線は大外を回して突っ込んできたのだが5着まで。こちらは逆に仕掛けが遅すぎたという感じで、馬群に突っ込んでも良かったんじゃないかなとも思う。
俺の本命6番人気サトノプログレス7着。行き脚がつかず中団から。良い感じで直線を向いたが、最後は伸びず。道悪がダメなのかもしれない。内枠もちょっと不利だったかな。
注目していたアポロドルチェは11着。道中後方2番手。4角最後方。しかも直線大外を回って11着。位置取りはともかく、道悪は上手なのだから、なぜ無理に大外を回らなければならなかったのか分からない。内を突いていればもっと良い勝負になっただろう。勝浦君はもうちょっと頑張らないと、若手の台頭に抵抗できないと思うね。
さて、今日のフジテレビの中継。15:30からの京都メインの中継は無かった。G1のときなど、他競馬場のメインをやらないことはよくあるのだが、これってやってもいいよね?。演出的にG1に集中したいというのなら分かるが、15:30はCMをやっていたわけで、演出上の理由ではない。
強いて好意的に捉えるなら、G1関係の内容が盛りだくさんで、CMの時間が取れないので、レース中継を犠牲にせざるを得ないということはあるのだろう。でもそれは視聴者には何の関係も無いことで、CMのためにレース中継を削るくらいなら、川合とかほしののつまらん予想を削って欲しいんだよね。
フジテレビの中継の質は年々下がる一方で、アナウンサーごときが知ったような解説をしたり、パドック中継を有力馬しかやらなかったり、無理に初心者向けのコーナーを入れたり、なんなんだろうと思うような番組になってしまっている。プロ野球と同じで、無理にフジテレビでやる必要はまったく無くて、半端な中継するくらいならUHFで全部やればいいのだ。