« | »

2008.05.04

天皇賞(春) 《G1レース回顧と馬券結果》

天皇賞(春)のレース回顧と馬券結果。


詳細
天皇賞(春)

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 14 アドマイヤジュピタ 牡5 58.0 岩田康誠 3:15.1 494 -8 3
2 8 メイショウサムソン 牡5 58.0 武豊 3:15.1 アタマ 514 -4 2
3 13 アサクサキングス 牡4 58.0 四位洋文 3:15.5 2 1/2 500 -4 1
4 4 ホクトスルタン 牡4 58.0 横山典弘 3:15.6 3/4 516 +6 6
5 2 アドマイヤフジ 牡6 58.0 川田将雅 3:15.8 1 1/4 530 -8 10

◎10ポップロック 4番人気 12着
○7ドリームパスポート 5番人気 9着
▲8メイショウサムソン 2番人気 2着
△12アイポッパー 8番人気 11着
△13アサクサキングス 1番人気 3着
△14アドマイヤジュピタ 3番人気 1着
逃げたのはホクトスルタン。1000m61.1秒、2000m123.0秒。最後の1000mが59.4秒。去年一昨年に比べれば随分遅いが、3200m戦ならこんなもんだろう。
2周目3、4コーナーから各馬が動き、4角直線入り口では有力馬が軒並み進出。ホクトスルタンが内で粘り、1番人気のアサクサキングスも前を窺うが、外目から3番人気アドマイヤジュピタが先頭に。直線半ばでメイショウサムソンが猛襲して一旦かわしたが、最後はアドマイヤジュピタが差し返して、クビ差の勝利となった。離れた3着にアサクサキングス。
勝ったアドマイヤジュピタはG1初挑戦で見事に優勝。今日はとにかく素晴らしいレースだった。スターと出遅れて後方から。3、4コーナーで進出して4角では先頭に。ちょっと早仕掛けな感もあったが、最後はメイショウサムソンを差し返しての勝利。3歳の春から4歳の夏まで休養していたので出世は遅れたが、ようやくのG1制覇だ。父はフレンチデピュティで、クロフネやレジネッタに続くG1勝利となった。割と短い距離向きのイメージはあるが、天皇賞(春)は今やステイヤーのレースではないので、こういう切れる血統は良いのだろう。宝塚記念では再びメイショウサムソンと戦うことになるだろうから、それもまた楽しみだね。
2着にメイショウサムソン。もう終わりなのかと思っていたが、今日はよく頑張った。中団後方から勝ち馬同様3角で仕掛け始めて、直線余裕を持って追い込んだが、最後は切れの違いというところか。ペースが遅いというわけでもなかったので、位置取りも仕掛けどころも間違いは無かったのではないかと思う。やはりこの馬は強いね。宝塚では逆転の目は充分にあるだろう。
3着に沈んだアサクサキングス。馬券範囲内に残ったことで一応の面目は保ったが、1、2着馬には随分と離されて完敗。先行して、4角ではホクトスルタンと並んで先頭。最後に伸び切れなかったのはペースがもうちょっと緩ければという感じだろうか。しかし、4着ホクトスルタンとともに「弱い4歳牡馬」の汚名は返上できたのではないと思う。
俺の本命ポップロック12着。この馬がこんなに負けるなんてなぁ。ちょっと出遅れ。猛然と押して中団に取り付いたが、2周目3、4コーナー中間辺りではもう手応えが無かった。体調がよくなかったか、騎手がよくなかったかは判断付かないが、残念な結果だ。
対抗ドリームパスポート9着。メイショウサムソンと同じような位置取りから直線内を突いたが伸びず。結果的には外を回った方が伸びたんではないかと思えるが、それにしてもちょっと負けすぎ。3歳時には強い5歳世代の中でもトップクラスの能力を発揮してきた馬だけに、能力的にはこんなものではないはずなんだけどね。
ここのところ荒れ気味だったイメージの強い天皇賞(春)だったが、今年は上位人気3頭での決着。馬券は大ハズレだったわけだが、強い馬がキッチリと結果を出すのは、競馬としての正しい姿だよね(と自分に言い聞かせてみる…)。