« | »

2008.04.12

桜花賞 《Jpn1レース予想》

桜花賞のJpn1レース予想。
でも天気が微妙なんだよねぇ。あくまで前日の予想ってことで。


本命にしようと思っていたポルトフィーノがまさかの出走取消(左寛跛行のため)ということで、ただでさえ難解なレースがよりいっそう難しくなった。
昨年の桜花賞は信じられないほどのスローペースで、ダイワスカーレットが先行抜け出しから見事な勝利を飾り、名牝への道を歩きだした。
おそらく今年は去年に劣らないほどにスローペースになることが予想され、まさか桜花賞でスローペースを前提に予想をしなくちゃならない日が来るとは思いもしなかったなぁ。こんなことを書きながらも、もしかすると思い切っていく馬がいて、ハイペースになるんじゃないか?とか思う自分がいるのだが、今年のメンバーの中に、テンに速い馬はいない。
いくのはおそらく最内のデヴェロッペ。エアパスカル、ブラックエンブレムあたりも前目だが競るようなタイプではない。天気の影響も大きいと思うが、一団になって直線へという絵が予想される。
ある程度中団より前につけることができて、最後までしっかり伸びそうな馬。ということで、本命は◎トールポピー。前日単勝1番人気。前走は1000m通過61.3秒という超スローの競馬で、中団前目からしっかり2着。休み明け立ったことを考えれば、今回は上積みがあるだろう。5戦して2勝、2着3回という堅実さを買って、軸にする。
相手は○ブラックエンブレム。500万下、フラワーCを連勝中。このフラワーCも1000m通過61.4秒で超絶スローだったのだが、見事に逃げ切り。今回は枠が外目なので逃げるのは難しいかもしれないが、2、3番手から流れ込める可能性は高い。前日4番人気。
▲にはマイネレーツェル。フィリーズRの勝ち馬。後方一気の馬なので、万が一ペースが上がればという条件で単穴に。一昨年までの桜花賞なら本命にしたいようなタイプなんだけどね。前日10番人気。
前日3番人気の△オディールは、前走こそ出遅れたが、前にもいける馬。内枠でスローペースで出遅れは絶対許されないところで、スタートよく、好位置につけられれば勝機もありそう。
△エイムアットビップは前日6番人気。前走フィリーズRの10着ですっかり評価を落としてしまったが、阪神JF3着の実績からも、まだ見限れない。
前日2番人気のリトルアマポーラはクイーンCからの直行。来ても3着までだと思うので、無印で。
馬券的には馬連と三連単で勝負。