« | »

2008.04.06

ダービー卿CT、大阪杯 《重賞レース回顧と馬券結果》

ダービー卿CTと大阪杯の重賞レース回顧と馬券結果。


詳細
ダービー卿CT

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 16 サイレントプライド 牡5 57.0 横山典弘 1:34.2 490 -4 4
2 5 ドラゴンウェルズ 牡5 56.0 蛯名正義 1:34.2 クビ 488 +4 9
3 14 ダンスフォーウィン 牡5 54.0 柴田善臣 1:34.3 3/4 500 -4 16
4 1 リザーブカード 牡5 55.0 吉田隼人 1:34.4 1/2 496 +2 5
5 4 カンファーベスト 牡9 57.0 江田照男 1:34.5 クビ 470 -8 13

◎11オーシャネイプス 3番人気 7着
○13マルカシェンク 1番人気 8着
▲8キングストレイル 2番人気 11着
△1リザーブカード 5番人気 4着
△16サイレントプライド 4番人気 1着
カンファーベスト、ドラゴンウェルズあたりが前に行くが、遅いと見てサイレントプライド、ダンスフォーウィンが前へ。4ハロン47.8秒、5ハロン59.6秒。いく馬がいないとは思っていたが、まさかこのレースまでスローペースになるとは思わなかったなぁ。たいてい速くなるレースなんだけどね。
直線横に広がっての追い比べ。内粘る先行勢の脚は衰えず、逃げた4番人気サイレントプライドがクビ差9番人気ドラゴンウェルズを抑えて勝利。4着のリザーブカードだけは中団後方から追い上げたんだが、あとの上位は全部先行馬。
勝ったサイレントプライドは重賞初勝利。前に行って少し足りないレースを続けていたが、今日は思い切っていった横山の好騎乗だった。ペースに恵まれたし、勝ちタイムの1分34秒2はその日行なわれた500万下と同じタイタイムで、レベルの高いレースとは言えないものだが、それでも最後の粘りはなかなか良いものがあったと思う。
俺の本命オーシャンエイプス7着。後方2番手追走。直線は外に出したが、前が止まらず。そりゃ止まらないよなぁ。ちなみに対抗にした1番人気マルカシェンクは行き脚がつかず最後方から。同じように外に出したが8着まで。今日のペースでは後方勢はまったく用無しだ。
大阪杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 9 ダイワスカーレット 牝4 56.0 安藤勝己 1:58.7 498 +12 1
2 8 エイシンデピュティ 牡6 57.0 岩田康誠 1:58.8 3/4 498 +2 7
3 6 アサクサキングス 牡4 59.0 四位洋文 1:58.9 1/2 504 +16 4
4 11 ドリームパスポート 牡5 57.0 松岡正海 1:58.9 アタマ 476 -4 3
5 5 ブライトトゥモロー 牡6 57.0 小牧太 1:59.0 クビ 512 +2 10

◎7メイショウサムソン 2番人気 6着
○9ダイワスカーレット 1番人気 1着
▲11ドリームパスポート 3番人気 4着
△3サンライズマックス 5番人気 10着
△6アサクサキングス 4番人気 3着
おぉ今日の重賞2レースはどっちも1~5番人気しか印付けてないわ。こういう買い方はよくないな。
さてレースはダイワスカーレットの逃げ。1000m59.6秒のスローペース。1番人気をスローペースで簡単に逃がしちゃうんだから、よく分からないよなぁ。岩田騎手と四位騎手はたぶん2着狙いだったんだろうな。直線入ってもそのまま、前に行った3頭で決着。ダイワスカーレット、エイシンデピュティ、アサクサキングスの順だった。なんじゃこりゃ。
ダイワスカーレットはいつもの戦法が取れた。スローで逃げて、最後の3ハロンを34秒台で上がれば、追いつける馬はそういない。今日はたしかに強いレースだったが、それ以上に他の騎手の不甲斐なさばかりが目に付くレースだった。今日のレースを見ると2000mまでがやっぱりベストなように思う。次はヴィクトリアマイルなのかな?。変な突かれ方をされなければ、差されることは滅多に無いだろう。
本命メイショウサムソン6着。4番追走から直線伸びず。まぁ直線で伸びる馬ではないので、4角で先頭に並ぶくらいが良い馬なのだが、今日はあまり手応えも良くなかった。もしかすると、競走意欲の減退があるのかもしれない。天皇賞での取捨が難しいね。