« | »

2008.03.22

フラワーC 《重賞レース回顧と馬券結果》

フラワーCの重賞レース回顧と馬券結果。


詳細
フラワーC

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 1 ブラックエンブレム 牝3 54.0 松岡正海 1:49.5 452 -4 1
2 8 レッドアゲート 牝3 54.0 内田博幸 1:49.5 アタマ 428 +4 8
3 10 シングライクバード 牝3 54.0 川田将雅 1:49.9 2 1/2 444 -6 2
4 12 マイネウインク 牝3 54.0 田中博康 1:49.9 アタマ 432 -4 9
5 14 ムードインディゴ 牝3 54.0 田中勝春 1:50.1 1 450 -10 10

◎7アロマキャンドル 4番人気 10着
○9カレイジャスミン 6番人気 6着
▲1ブラックエンブレム 1番人気 1着
△10シングライクバード 2番人気 3着
△15スペルバインド 5番人気 13着
逃げたのはブラックエンブレム。4ハロンくらいでスペルバインドとスペシャルディナーが前に行ったが、それでも超スローペース。1000m61.4秒。最初の3ハロン37.8秒ってダートじゃないんだから…。3歳牝馬戦ですらこんな状態か。直線入っても内を逃げるブラックエンブレムが粘って、中団後方から追い込んできた8番人気レッドアゲートをアタマ差おさえて勝利。離れた3着争いは2番人気のシングライクバードがマイネウインクをアタマ差した。
1番人気に応えたブラックエンブレムは重賞初制覇。今までは差す競馬だったが、今日は内枠を利して、松岡騎手が上手く乗った。前半の超絶スローに救われた感はあるが、4ハロン以降は澱みなく流れたので、よく粘ったともいえるだろう。チューリップ賞を逃げ切ったエアパスカルと同じくウォーエンブレムの仔で、こういう粘り強さがあるのは特長なのかもしれない。
俺の本命4番人気アロマキャンドル10着。まさかの中団後方待機。ペースの速かった阪神JFはともかく、こんな遅いペースのレースで後方に待機する意味が見えない。前に行ったときに好成績を残してきた馬だし。新人らしい思い切った騎乗を期待したんだが、この騎手はそういうタイプではないようだね。