« | »

2008.02.24

フェブラリーS 《G1レース回顧と馬券結果》 と今年第1号

フェブラリーSのG1レース回顧と馬券結果。ようやく今年の万馬券第1号。


詳細
フェブラリーS

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 15 ヴァーミリアン 牡6 57.0 武豊 1:35.3 520 +7 1
2 10 ブルーコンコルド 牡8 57.0 幸英明 1:35.6 1 3/4 508 +1 7
3 16 ワイルドワンダー 牡6 57.0 岩田康誠 1:35.9 2 452 +4 3
4 8 ロングプライド 牡4 57.0 ペリエ 1:36.1 1 1/4 516 -6 4
5 12 リミットレスビッド 牡9 57.0 蛯名正義 1:36.2 1/2 516 0 14

◎15ヴァーミリアン 1番人気 1着
○8ロングプライド 4番人気 4着
▲4フィールドルージュ 2番人気 中止
△7ドラゴンファイヤー 6番人気 9着
△10ブルーコンコルド 7番人気 2着
△11ヴィクトリー 8番人気 15着
良馬場。スタート直後からフィールドルージュが後退してしまう波乱のスタート。(フィールドルージュは競走中止)。先頭はヴィクトリーが立った。3ハロン34.8秒、4ハロン46.7秒。昨日の芝のクイーンCよりも遥かに速いハイペース。直線に入るとヴィクトリー後退。残り300mくらいで満を持してヴァーミリアンが先頭に。追いすがるブルーコンコルド、ワイルドワンダーを楽々振り切って、1馬身3/4差で快勝。着差以上の楽勝と言って良いだろう。
単勝15番240円が7,000円と三連単15-10-16で17,550円が100円的中。三連単ワイルドワンダーまでおさえといて本当に良かった…。
勝ったヴァーミリアンは国内6連勝でG1Jpn1を5連勝という快挙。今日はすんなりと中団前目につけて、直線も楽々と先頭に立ってそのまま後続を寄せ付けない勝ち方。これ以上の横綱相撲もそうないだろう。これで何の憂いも無くドバイに遠征できるね。輸送や検疫の問題はあるが、日本最強馬として堂々世界最高峰のレースに挑戦してほしい。結果によっては、秋にはアメリカのブリーダーズカップにも行ってほしいほどの馬だ。
2着に7番人気ブルーコンコルド。4番手追走。直線ではいったん沈みかけたが、最後はまた盛り返して2着。やはりズブさが出ているのだろう。それにしても8歳とは思えないほど元気で、後1つなんとかG1Jpn1を取らせてあげたいね。
3着3番人気ワイルドワンダー。道中はヴァーミリアンを見る形。4角からヴァーミリアンに併せて直線も追ったが、あっという間に離されて、最後はブルーコンコルドにもかわされてしまった。プロキオンSや根岸Sでの強さを考えると、1ハロン長いのかもしれない。それでも勝ちに行くレースをしての3着なのだから価値は高い。
4番人気ロングプライド4着。中団後方から外を回って末脚に賭けたが、最後はワイルドワンダーと同じ脚色になってしまった。こちらは逆にちょっと距離が足りなかったかなという気もする。もっと3、4コーナーで上がっていけないと苦しい。
2番人気フィールドルージュは競走中止。現段階では情報が無いが、スタートしてすぐ減速してレースを止めたし、歩いていたので、大丈夫だと信じたいところ。軽症であってほしいね。
堅い決着だったが、ともかく今年初めて重賞が当たり、さらに万馬券の第1号もようやく飛び出した。これからも頑張っていこう。