« | »

2008.02.23

フェブラリーS 《G1レース予想》

フェブラリーSのG1予想。今年最初のG1だけに、ズバリ当てていきたい。


ヴァーミリアンは国内5連勝中。しかもG1Jpn1を4連勝中だ。今この馬を倒せる馬はいないと思うのだが、その割には前日オッズで単勝2.2倍。無論1番人気だが、それにしても随分つくものだ。明日も2倍以上つくようなら単勝で勝負したいくらいだ。距離不安を囁かれているが、メンバー的に見て、おそらく大丈夫だと思う。対抗馬のフィールドルージュにも同様の距離不安があるし、ブルーコンコルドは既にピークを越えた感じだし、この馬を負かすのは難しいだろう。というわけで1番人気ではあるが本命は◎ヴァーミリアンでいくしかない。
相手は難しい。勝負付けの済んだ馬では今のヴァーミリアンに迫るのは難しい。そこで若駒の成長力に賭けて、対抗は4歳馬○ロングプライド。名古屋GPではフィールドルージュに完敗、その上、出遅れて大敗というケースも目立つが、今回は鞍上ペリエ。若さとペリエの腕で上位を狙えるのではないかと見る。
▲フィールドルージュは上がり馬的な報道をされているが、実際は上がり馬でもなんでもなく、一昨年から能力の高いところは見せていて、ただ単に地方に遠征しなかったという理由だけで重賞制覇が遅れたに過ぎない。距離の不安もあるが、それ以上にヴァーミリアンとは力の差が明確だ。▲ではあるが、ヴァーミリアンを逆転するのは困難だと思う。
△ドラゴンファイヤーは昨年のJCダートで2番人気におされたが、スタートあおって6着。前走平安Sは出遅れて9着。スタートに重大な不安があるのだが、今回は乗り替わって安勝。スタートさえ五分なら上位を脅かす力はあるだろう。
すでに8歳の△ブルーコンコルド。1600mは得意ではあるが、そもそも東京があまり良くないし、上積みを見込みにくい。ここを勝てば7つ目のG1Jpn1制覇ということになり、史上最多タイになるわけだが、勝つまではどうだろう。
面白そうなのは△ヴィクトリー。初ダートだが、後藤騎手に乗り替わって、思い切って逃げていくようなら、(ダート適正があればだが)、ひょっとするとひょっとするかもしれない。
馬券的にはオッズを見てからということになるが、◎の単勝、◎軸の三連単かな。