« | »

2008.02.02

東京新聞杯 《重賞レース回顧》

東京新聞杯の回顧。
競馬場に行っていたので、馬券のショットは無し。とにかく寒かったわ。


東京新聞杯

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 馬体重 人気
1 7 ローレルゲレイロ 牡4 57.0 藤田伸二 1:32.8 470 +6 6
2 9 リキッドノーツ 牡7 56.0 田中勝春 1:32.8 クビ 518 +4 13
3 1 タマモサポート 牡5 56.0 津村明秀 1:32.8 ハナ 478 -4 12
4 5 カンパニー 牡7 58.0 福永祐一 1:33.0 1 1/4 460 -6 1
5 12 ハイアーゲーム 牡7 56.0 藤岡佑介 1:33.0 クビ 528 +4 5

◎5カンパニー 1番人気 4着
○4マイケルバローズ 8番人気 12着
▲8エイシンデピュティ 2番人気 7着
△7ローレルゲレイロ 6番人気 1着
△10ジョリーダンス 4番人気 6着
ピンクカメオが出遅れて、カンパニーも出脚がつかず、大きくどよめくスタンド。逃げたのはローレルゲレイロ。3、4コーナーからアポロノサトリがまくって先頭に立って、4ハロン46.5秒、5ハロン57.7秒。平均ペース。直線は大激戦。最内逃げ込みを図るローレルゲレイロに先行したタマモサポートが追いすがり、外からリキッドノーツ、カンパニーが追い込むが、ローレルゲレイロがクビ差凌いで勝利。2着に13番人気リキッドノーツ、ハナ差で3着12番人気タマモサポートで3連単は250万越えの大波乱となった。
ローレルゲレイロは朝日杯FSとNHKマイルCの2つのJpn1で2着していた実力馬だが、これが重賞初制覇だ。先行して詰めの甘いところのある馬で、惜しいところで勝利を逃してきたが、今日は踏ん張った。果敢に先行して、経済コースを回った藤田騎手の好騎乗といえる。今年のマイル戦線は主役不在だけに、面白い存在になりそうだ。
本命カンパニーは4着。行き脚がまったくつかず後方から。福永騎手が押しても押しても動かず、出遅れたピンクカメオと同じような位置取りになってしまった。あそこから追い上げるだけでも大変だが、さらに4角で外を回って追い込んできてるのだからちょっと苦しい。7歳で、ズブさが出てきているのかもしれない。今日は確勝だと思ったんだけどなぁ。