« | »

2008.01.28

2007年騎手別投資額と回収額

IPATで馬券を買ってると、データが蓄積されて、色んなデータが見れる。これはその一つで、騎手別の投資額と回収額が分かる。
ちなみに俺の場合は親や友人の馬券を買ったりすることもあり、その金額も全部入ってしまうのであまり正確とはいえないし、競馬場で買ってる金額の方が遥かに多かったりするわけだが、まぁデータとしてはなかなか面白いかなと。


下の画像は2007年の騎手別投資金額と回収額。実際はもっと下位まであるんだけど、ベスト20までを載せてみた。
携帯からだと画像は見えないけど、まぁいいか。PCで見てください。
騎手別
1位はやっぱり豊。競馬場ではもっと買ってる。10万ちょい買って9万近く戻ってきていれば悪くない数字だろう。
2位は安勝。ちょっと意外かな。あんまり好きじゃないんだけど、有力馬にも結構乗ってるだけに、買うことにはなっちゃうわな。回収率もそれなりにいいね。
3位の池添はほとんどがスイープトウショウだと思う。回収もひどいことになっちゃってるな。
4位の蛯名は新潟2歳Sのエフティマイアでの万馬券が大きかった。馬連44,860円が300円的中だったし。
5位は岩田康。去年は乗りまくってただけに買う機会も多かった。8割弱の回収なら上々だ。
横山典、藤田、幸四郎、四位、後藤の回収率は惨憺たるものだ。穴っぽいところで買うことが多いからかもしれないが、この辺の中堅どころの騎手は最近あんまり良くないよね。積極性がまったく見られないし、頑張って欲しいね。
あとはやっぱりペリエの回収率が良い。ペリエが来たときには無条件で買うくらいでもいいかも。