« | »

2008.01.06

2008年期待の新種牡馬4 その他の種牡馬

2008年に産駒がデビューする期待の新種牡馬の紹介。第四弾はその他の注目種牡馬をまとめて。


*プリサイスエンド Precise End(1997年生)

*エンドスウィープ *フォーティナイナー Mr. Prospector
[B.C]
Raise a Native [B]
Gold Digger
File Tom Rolfe [C.P]
Continue
Broom Dance Dance Spell Northern Dancer
[B.C]
Obeah
Witching Hour Thinking Cap
Enchanted Eve
Precisely Summing Verbatim Speak John [B.I]
Well Kept
Sumatra Groton
Sunda Strait
Crisp’n Clear Cold Reception Secretariat [I.C]
Cold Comfort
Ring o’Bells Grey Dawn [B.I]
Aldonza

DP=7-3-5-0-1(16) DI=3.57 CD=0.94
9戦4勝。Bay Shore S(G3)、Display S(G3)
早逝したエンドスウィープの後継として2004年に輸入され、2005年に日本では供用が開始された。
競走成績もそれほどでもなく、米国に残してきた産駒にも大物はいないのだが、それなりに繁殖牝馬を集めている。軽種馬登録協会のHPによれば2006年生まれの血統登録済み産駒は77頭。
母系には見慣れない種牡馬が並ぶが、Summingはプリンスキロ系の種牡馬でベルモントSの勝ち馬だ。
エンドスウィープの後継には今年からアドマイヤムーンがスタッドインする。この馬が成功できるかはまさに今年デビューの産駒の出来如何にかかっていると言ってだろう。
*ダージー Dahjee(2001年生)

Seeking the Gold Mr. Prospector
[B.C]
Raise a Native [B] Native Dancer [I.C]
Raise You
Gold Digger Nashua [I.C]
Sequence
Con Game Buckpasser [C] Tom Fool [I.C]
Busanda
Broadway Hasty Road
Flitabout
Colorado Dancer Shareef Dancer Northern Dancer
[B.C]
Nearctic
Natalma
Sweet Alliance Sir Ivor [I.C]
Mrs.Peterkin
Fall Aspen Pretense [C] Endeavour [I.C]
Imitation
Change Water Swaps
Portage

DP=10-4-18-0-0(32) DI=2.56 CD=0.75
1戦0勝。
あのDubai Millenniumの全弟。
Dubai Millenniumは10戦9勝、ドバイWCなど4つのG1を勝った名馬。大いに期待され種牡馬入りしたが、1世代の産駒だけを残して急逝してしまった。だがその僅か1世代だけの産駒から愛2000ギニーなど3つのG1を勝ったDubawiを出した。
全弟だからといって同じなわけではないが、大いに期待できる血統ではある。この馬自身には競走成績がないが(1戦4着1回)、偉大な兄は英ダービー(2400m)が唯一の惨敗(9着)だったように、距離的には限界がありそうだ。マイルから2000mくらいまでの短めの距離適正ではないかと思う。
血統登録数は36頭と決して多くはないが、ダートの短距離の大物が出てもおかしくない血統だ。
*イーグルカフェ(1997年)

Gulch Mr. Prospector
[B.C]
Raise a Native [B] Native Dancer [I.C]
Raise You
Gold Digger Nashua [I.C]
Sequence
Jameela Rambunctious Rasper
Danae
Asbury Mary Seven Corners
Snow Flyer
Net Dancer Nureyev [C] Northern Dancer
[B.C]
Nearctic
Natalma
Special Forli [C]
Thong
Doubles Partner Damascus [I.C] Sword Dancer
Kerala
Fabuleux Jane Le Fabuleux [P]
Native Partner

DP=10-4-20-0-2(36) DI=2.00 CD=0.56
46戦5勝。ジャパンCダート(Jpn1)、NHKマイルC(Jpn1)
期待の新種牡馬の最後はイーグルカフェ。7歳まで46戦、日本国内だけでなく、ドバイ、フランスへも遠征し、結果はともかく元気に走り続けた、まさに無事是名馬。
芝、ダートの両方でJpn1勝ち。芝ダート兼用のスピード血統に産駒が出ると面白い。ドサージュ的にもスピード寄りの血統構成だ。
父GulchはアメリカでThunder GulchやNayefなどの活躍馬を出し、Thunder Gulchも種牡馬として成功していて、この系統を発展させている。日本ではこのGulchの系統はあまり見かけないので、イーグルカフェには成功を期待したい。血統登録産駒は73頭。