( ! ) Warning: session_start(): Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php:1) in /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php on line 18
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220616{main}( ).../index.php:0
20.0002223424require( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.0003240848require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-load.php' ).../wp-blog-header.php:13
40.0004248512require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php' ).../wp-load.php:37
50.0009386008require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-settings.php' ).../wp-config.php:83
60.177832235984include_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wordsocial.php' ).../wp-settings.php:342
70.177932257880require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php' ).../wordsocial.php:28
80.177932258072session_start ( ).../wso_config.php:18

( ! ) Warning: session_start(): Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php:1) in /home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php on line 18
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0001220616{main}( ).../index.php:0
20.0002223424require( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.0003240848require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-load.php' ).../wp-blog-header.php:13
40.0004248512require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-config.php' ).../wp-load.php:37
50.0009386008require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-settings.php' ).../wp-config.php:83
60.177832235984include_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wordsocial.php' ).../wp-settings.php:342
70.177932257880require_once( '/home/users/2/kemkemkem/web/keibafan/wp-content/plugins/wordsocial/wso_config.php' ).../wordsocial.php:28
80.177932258072session_start ( ).../wso_config.php:18
2007競馬総まとめ | 競馬ファンネット

« | »

2007.12.31

2007競馬総まとめ

今年の競馬のまとめ。いつもは日記の方だけに書くんだけど、折角なのでこっちにも載せておこう。
(12/31 19:28 タイトル修正)

競馬マスコミもJRAさえもいつまでたってもディープインパクトを忘れられないままに始まった2007年。主にディープ世代(5歳牡馬)の不振からくる古馬戦線の不振は去年以上だったと言えるだろう。その最たる例が海外遠征の結果に良く現れていて、去年は5頭が5つの海外のレースで勝ったが、今年はドバイデューティーフリーのアドマイヤムーンとシンガポール航空国際Cのシャドウゲイトの2頭だけという寂しい結果に終わった。
アドマイヤムーンはドバイで勝った後に帰国して宝塚記念(G1)を快勝。その後ダーレーに40億円でトレードされたが、秋も国内で出走。天皇賞(秋、G1)は不利を受け6着に沈んだものの、JC(G1)では見事に快勝。古馬の芝中長距離戦線が低調だったとはいえ、春秋のグランプリを制し、現役最強であることを充分に証明した1年になった。早世したエンドスウィープの後継種牡馬としての活躍を期待したい。
去年の2冠馬メイショウサムソンは大阪杯から始動。天皇賞(春、G1)は相手が弱かったが、横綱相撲で快勝。宝塚記念でアドマイヤムーンに敗れたものの、天皇賞(秋)では武豊に乗り替わって快勝。天皇賞の同一年度の春秋制覇はテイエムオペラオー以来4頭目の快挙だ。その後JCでは3着、有馬記念(G1)では8着に敗れ、尻すぼみ感は否めないが、来年も古馬戦線の中心として頑張って欲しい。
古馬中長距離のG1は5つなのだが、上記2頭で2つづつ獲って、後の一つ、有馬記念(G1)は伏兵のマツリダゴッホが制した。乗っていた蛯名騎手でさえ「まさか勝つとは」というほどのビックリ勝利で、現段階では恵まれた勝利という評価も仕方ないところだろう。来年の走り、特に中山競馬場以外での走りに注目だ。
その他には古馬の中長距離戦線では特筆すべき馬はほとんどいない状況だ。ポップロックは昨年の有馬記念2着からも今年の飛躍が期待されたが、ドバイシーマクラシック6着、宝塚記念3着、天皇賞(秋)4着、JC2着、有馬記念5着とG1ではちょっと足りない競馬を続けている。来年は7歳という年齢からも上積みはないかもしれない。
シンガポール・エアラインズ・インターナショナルCを勝ったシャドウゲイトは同レースがG1初制覇。帰国して宝塚記念と天皇賞(秋)に大敗して、暮れには香港Cに挑戦したが5着だった。
強力だった6歳世代が引退し始め、現5歳牡馬は最弱世代、現3歳世代の牡馬はそのレベルが疑問視されている中、来年のこのカテゴリーを引っ張っていくのは現4歳世代ということになる。残念なことにアドマイヤムーンは引退してしまったものの、メイショウサムソンは現役続行ということで、来年も1年良い競馬をして欲しいと願うばかりだ。

古馬牝馬戦線も低迷を極めた。アドマイヤグルーヴやダンスインザムード、ラインクラフトといった強力な名馬たちがターフを去り、去年のクラシックを獲った馬たちに期待が集まったが、ヴィクトリアマイルで復帰したカワカミプリンセスは2戦してまた休養に入ってしまった。この馬は宝塚記念でも本命にしたほどに買っている馬なのだが、7月に骨折して全治1年とのことで復帰は難しいのかもしれない。
去年の桜花賞馬キストゥヘヴンはその桜花賞以来、別の馬になってしまったかのような凡走を繰り返しているが、去年の繰り上がりエ女王杯馬のフサイチパンドラは札幌記念(Jpn2)を勝ち、エ女王杯(G1)でもダイワスカーレットの2着と好走した。有馬記念を取り消してそのまま引退ということになったが、母親がトライマイベストやエルグランセニョールの妹という良血だけに、子供にも期待できるだろう。
もう一つの牝馬限定戦ヴィクトリアマイル(Jpn1)を制したのはコイウタ。12番人気での勝利だった。その後は凡走を続けているが、最優秀古馬牝馬はこの馬ということになってしまうのだろう。
俺の愛するスイープトウショウは今年4戦に出走。マイラーズC(G2)で2着した後2戦凡走して、最後の出走となったエ女王杯は3着だった。秋華賞、エ女王杯、宝塚記念の3つのG1タイトルとともに引退。こちらの子供は馬券的にも追いかけていこうと思っている。

短距離戦線では、ダイワメジャーが安田記念とマイルCSの2つを勝った。この馬の功績についてはもはや説明を要しないと思うが、堂々5冠馬として、有馬記念(3着)を最後にターフを去ることになった。短距離というくくりはこの馬に相応しくないと思うが、きっと今年の最優秀短距離馬はこの馬ということになるだろう。種牡馬としての活躍が大いに期待される。
高松宮記念(G1)を勝ったのはスズカフェニックス。初出走の芝1200mでいきなりの戴冠だった。安田記念は5着、スプリンターズSは大敗。マイルCSで3着に好走した後、阪神C(Jpn2)を勝って、来年に繋がるレースを見せた。
泥んこ不良馬場のスプリンターズS(G1)を制したのは3歳牝馬のアストンマーチャンだった。確かに馬場や斤量に恵まれたということもあるのだろうが、それにしても3歳牝馬で古馬牡牝混合のG1を勝ったのだから凄いことだ。その後のスワンS(G2)は大敗して休養に入ったが、こういう快速の逃げ馬は競馬を面白くしてくれるので、来年の復帰を期待したい。

低調な古馬戦線と異なり、今年の競馬を盛り上げたのは3歳牝馬2頭、ウオッカとダイワスカーレットだ。ウオッカは昨年の最優秀2歳牝馬。今年はエルフィンS、チューリップ賞(Jpn3)と連勝して、1番人気で迎えた桜花賞(Jpn1)はダイワスカーレットの2着。そこから勇躍ダービー(Jpn1)に挑戦。3番人気の評価を受け、レースでは2着のアサクサキングスに3馬身差を付けて快勝。64年ぶりの牝馬によるダービー制覇の偉業を成し遂げた。その後は宝塚記念に挑戦したが1番人気で8着。秋は凱旋門賞を狙うプランだったが回避して国内で出走。秋華賞(Jpn1)3着、エ女王杯取消、JC4着、有馬記念11着と勝つことは出来なかった。敗れた中でもJCの4着はなかなか見所があったし、東京コースが向いているのかもしれない。或いは右回りよりも左回りが良いのかもしれないが、その辺のことも含めて、来年もなにかと注目を集める馬だろう。個人的には、海外に行くよりもまず国内でダイワスカーレットと戦って欲しいと思う。
ダイワスカーレットはシンザン記念(Jpn3)でアドマイヤオーラに敗れ、チューリップ賞でもウオッカに敗れて、3番人気で迎えることになった桜花賞を快勝。オークスは回避ということになったが、秋はローズS(Jpn2)、秋華賞、エ女王杯と完璧な競馬で3連勝を飾った。有馬記念でもマツリダゴッホの2着に粘り、古馬牡馬に混じっても充分戦えるだけの力を見せた。通算9戦6勝、2着3回で連対率100%。先行して最後に33秒台の脚で逃げるという戦法で、素晴らしい安定感を持つ。さすがにエ女王杯では34.1秒、有馬記念では36.6秒と上がりがかかっているので距離的にはマイルから2000mくらいまでが良いのかもしれない。今の力を維持していければ、史上最強牝馬の称号を得ることも夢ではないかもしれないと思わせるほどにこの馬は強い。海外遠征も期待したいし、国内で最強馬を狙ってもいいと思う。今年の年度代表馬に相応しい馬だと思うが、アドマイヤムーンと票が割れることになるだろう。
2頭が不在のオークス(Jpn1)を制したのは外国産馬のローブデコルテだった。オークス後は、渡米してアメリカンオークス(G1)で5着、帰国して秋華賞10着、エ女王杯11着と、すっかり別馬のような萎れ方だ。オークスを勝ってはいるものの距離的にはもうちょっと短いところの方がいいのではないかという話もあるようなので、ヴィクトリアマイルに進むことになるのだろう。
NHKマイルCを勝ったのも牝馬のピンクカメオだったが、その後オークスで5着に入ったくらいで、パッとしない走りを続けている。ダートにも活路を見出そうとしているようだが、今のダート競馬はレベルが高く、芝でダメだったのでダートというのはかなり難しいだろう。
フローラS(Jpn2)を勝ち、オークス2着、秋華賞4着のベッラレイアはナリタトップロードの仔。成長すれば面白い存在になりそうだ。

3歳牡馬はダービーをウオッカに勝たれたことでそのレベルが疑問視されている。
皐月賞を制したのはヴィクトリー。7番人気での勝利だった。逃げ切りということもあって、次走以降が注目されたが、ダービーは出遅れて大敗。その後も大敗を続けている。リンカーンの弟で、母もフサイチコンコルドの妹というかなりの良血馬で、もっと奥行きがあっても良さそうなものだが、気性があまりよくないのも災いしているのかもしれない。変に抑えずに前に行く競馬をしたほうがいいと思う。
ウオッカのダービーで2着だったアサクサキングスが菊花賞を勝った。ダービーでは逃げての粘り込みだったが、菊花賞はなかなか強い勝ち方で、先に期待を抱かせるものだった。来年も中長距離ではそれなりに良い競馬が出来るのではないかと思う。最優秀3歳牡馬はこの馬になるんだろう。
その菊花賞で1番人気だったロックドゥカンブは3着に敗れたが、脚を余しての敗退だった。有馬記念では軽量も買われて4番人気になったが、後方から追い上げての4着に敗れた。もうちょっと前にいけていればと思わせる内容だったし、何といってもまだ6戦しかしていない馬で、この先の成長を大いに期待したい一頭だ。騎手をどうするのかも注目だ。
アドマイヤオーラは1番人気で出た皐月賞で後方からいって4着。その後馬主の乱心で鞍上だった武豊はアドマイヤの馬を全部降ろされたが、騎手が替わってもダービー3着、鳴尾記念(Jpn3)3着と足りない競馬を続けている。ダイワスカーレットに勝った数少ない馬の一頭で、しかもそれなりの血統馬だけにもう一度ピークにもっていけば、もうちょっと活躍しても不思議ではない。

ダート戦線はカネヒキリ、アロンダイトの2頭が長期休養に入っていたが、それでもその2頭を忘れてしまうほどのハイレベル、多士済々なメンバーが揃った一年だった。
主要なレースでの勝ち馬を挙げるとこんな感じになる。
 川崎記念 ヴァーミリアン
 フェブラリーS サンライズバッカス
 かしわ記念 ブルーコンコルド
 帝王賞 ボンネビルレコード
 ジャパンダートダービー フリオーソ
 マイルCS南部杯 ブルーコンコルド
 JBCスプリント フジノウェーブ
 JBCクラシック ヴァーミリアン
 JCダート ヴァーミリアン
 東京大賞典 ヴァーミリアン
ヴァーミリアンはまさに今年のダート戦線の主役だったといえる存在。去年はフェブラリーS5着、JCダート4着と、G1にちょっと届かない存在だったが、今年に入ると2月の川崎記念(Jpn1)を圧勝でJpn1初制覇。ドバイWC遠征(4着)後、JBCクラシック(Jpn1)、JCダート(G1)、東京大賞典(Jpn1)と3連勝して、ダート戦線の頂点に立った。偉大なエルコンドルパサーの仔で、母系はダイワスカーレットと同じ系統。強さも血統も文句なしだ。来年はドバイ、BCも狙える馬だろう。
去年の暮れの東京大賞典で強い勝ち方をしたブルーコンコルドは、勝ったり負けたりの不安定なレースを繰り返して、それでも2つのJpn1に勝ち、トータル6つのJpn1勝ちとなった。JCダートが7着、東京大賞典が5着と尻すぼみだが、すでに7歳でもあるし、そろそろ一線級相手は厳しいかもしれない。
中央G1のフェブラリーS(G1)を勝ったのはサンライズバッカスだ。3番人気だったが、ブルーコンコルドを下してのG1初制覇となった。かしわ記念5着、帝王賞3着、マイルCS南部杯5着、JBCクラシック3着、JCダート3着とそれなりに強さを示してきたが、暮れの東京大賞典は除外となった。
3歳馬のフリオーソは去年の全日本2歳優駿の勝ち馬。今年は中央で芝にも挑戦したがやはり芝は合わなかったのだろう。地方に戻ってからは、ジャパンダートダービー(Jpn1)でJpn1初制覇。古馬に混じってJBCクラシックでヴァーミリアンの2着。JCダートで10着惨敗の後、東京大賞典で再びヴァーミリアンの2着になった。現段階でははっきりとヴァーミリアンには差を付けられているが、まだ3歳で成長が見込めるし、先が期待できそうな馬であることは間違いない。
JCダートで2着になったフィールドルージュは暮れの名古屋GP(Jpn2)に遠征して重賞初制覇。去年のJCダートは3着、今年のフェブラリーS5着と、力があることは分かっていた馬なのだが、意外にも重賞はこれが初めて。馬主なのか調教師なのか分からないが、なぜ今までまったく地方に遠征しなかったのか不思議なことだ。
その他の馬では、去年大活躍だったシーキングザダイヤは結局G1を取れないままで終わってしまい、どうやら引退らしいが、超の付く良血馬だけに種牡馬としての活躍に期待したい。アロンダイトは9月に復帰したが、またしても骨折で休養入り。アジュディミツオーは川崎記念、かしわ記念で2着になったが、休養中。どちらの馬も復帰が待たれる。

2歳馬については割愛。
年度代表表彰の予想は下記の通り。

年度代表馬 ダイワスカーレット
最優秀2歳牡馬 ゴスホークケン
最優秀2歳牝馬 トールポピー
最優秀3歳牡馬 アサクサキングス
最優秀3歳牝馬 ダイワスカーレット
最優秀4歳以上牡馬 アドマイヤムーン
最優秀4歳以上牝馬 コイウタ
最優秀短距離馬 ダイワメジャー
最優秀ダートホース ヴァーミリアン

年度代表馬以外はこの通りになると思う。

だいぶ端折って書いたんだけど随分長くなっちゃったな。ディープインパクトがいなくなって、また人気の低迷が懸念されたけど、ウオッカとダイワスカーレットの活躍に救われた1年だったね。来年応援しようと思っている馬はロックドゥカンブとフリオーソ。あとカワカミプリンセスが復帰できるならちょっと追いたいね。