« | »

2007.12.24

有馬記念1日後

昨日の有馬記念のニュースが新聞やWebを賑わしているが、思ったことをいくつか。


レース後、観客から「KY(空気読め)」とか声が上がったらしいが、空気読まれては穴党には困ったことになってしまうわけで、こうして思いもしない馬がたまに来るからこそ競馬は面白いんだよね。ずっと本命だけしか来なかったらギャンブルとして成り立たない。もっとも、言った観客もジョークのつもりなんだろう。
メイショウサムソンの敗因はやっぱり分からないらしい。昨日の回顧で書いたけど、やっぱり疲れやすい体質なんじゃないかと思うね。天皇賞(秋)、JCとこの秋2戦しかしていないわけだが、どちらも大激戦で、疲れが残ってしまってもしょうがない。来年は再び欧州遠征のプランがあるそうなのだが、この辺はどう出るだろうね。
年度代表馬の話。某スポーツ紙によればアドマイヤムーンが最有力とのこと。確かにドバイDF、宝塚、JCと3つのG1を勝ったわけで、(しかも3つとも国際G1だ)、資格はあるんだと思う。でもどうなんだろう?色々な考え方があるんだと思うけど、俺はやっぱり国内で1年を通じて活躍した馬にあげたいタイトルなんじゃないかと思う。そうするとダイワスカーレットは、桜花賞、秋華賞、エ女王杯を勝ち、有馬記念で2着。1年を通じての大活躍だ。アドマイヤムーンは年の前半をドバイ、香港で走り、国内で走ったのは宝塚、天皇賞(秋)、JCの3つだけだ。日本の競馬を盛り上げたという意味ではダイワスカーレットに分があると思うんだよね。
まぁアドマイヤムーンは個人的に大好きな馬ではあったわけだけど、客観的に見ればダイワスカーレットのほうが年度代表馬に相応しいんじゃないかと思う。
いくつか記者クラブ賞が発表された。
中京競馬記者クラブ賞 藤岡佑介騎手
中央競馬関西放送記者クラブ賞(関西所属騎手新人賞) 藤岡康太騎手
関西テレビ放送賞」関西所属騎手年間最多勝) 武豊騎手
関西競馬記者クラブ賞 武豊騎手
関西競馬記者クラブ賞「特別賞」 ウオッカ号
どんな賞なのか分かりにくいよ…。関東は後なのかな?。関東は弛んでるな。そういうのも分かりにくい理由なんだろうけど、ちゃんと同時に体系付けて発表して欲しいな。JRAがまとめてくれた方が良いのに。