« | »

2007.11.11

エリザベス女王杯 ~G1回顧~

エリザベス女王杯の馬券結果と回顧。


前日1番人気のウオッカが今朝になって回避。右寛跛行ということで、大事に至らないといいのだが。
詳細
◎4スイープトウショウ 2番人気 3着
○7ダイワスカーレット 1番人気 1着
△13ディアデラノビア 5番人気 4着
晴れの良馬場。
好スタートからダイワスカーレットが先頭へ。2番手アサヒライジング。1000m60.6秒のスローペース。競り掛けることなく、そのまま直線へ。外から3番人気のフサイチパンドラ、内から2番人気のスイープトウショウが迫るが、最後までダイワスカーレットが粘ってゴールイン。3つ目のG1を手にした。2着にフサイチパンドラ、3着にスイープトウショウ。
まぁなんというか、誰もが想定したとおりの展開。アサヒライジングは競り掛けず、他の馬も行くことはなかった。中長距離の逃げ馬不足は深刻なことで、1番人気の馬が他から全く競られること無くスローペースで逃げ切る競馬って一体どうなんだろうね?。
とにかくダイワスカーレットはこれで3つ目のG1。今年はもう適距離が無いので、来年のヴィクトリアマイルまで休養ということになるのだろうが、来年は是非海外を目指して欲しいもの。春のドバイあたり行って欲しいね。メイショウサムソンが来年現役続行かどうかは分からないが、来年もこの調子を維持して、日本競馬を盛り上げる役割を担って欲しい。
2着にフサイチパンドラ。3角手前から外目を進出。4角では先頭集団に並びかけ、ダイワを負かしにいったが、最後は届かなかった。ルメール騎手の騎乗は良かったと思うが、もうちょっと道中前目に行って、4角でかわすくらいでないと、ダイワを負かすのは難しいだろう。枠が外だったのが痛かった。しかしこの馬がいなければ当たりだったのに、というのを俺は何度繰り返してるんだろう。
俺の本命スイープトウショウ3着。普通にスタート。道中は中団で折り合いを欠くこともなく良い感じで直線へ。最後伸び切れなかったのは馬場の差か。ペースが遅かったのもこの馬には向かなかったな。有馬記念で引退ということになりそうだが、最後にもう一度豪脚を見せて欲しい。
△ディアデラノビア4着。道中後方2番手。3、4コーナーで進出。最後だけ伸びてきたけど、時既に遅し。外枠だったし、しょうがないというべきかな。
ウオッカの回避でちょっと残念なレースになってしまったけど、力のある馬が上位を占めて、実に堅いG1だった。もうちょっと果敢に立ち向かう騎手がいてもいいと思うんだが、最近の若い騎手はそういう気持ちよりも手堅く賞金を稼ぐ方に気持ちがいってしまってるのかも知れないね。