« | »

2007.10.27

天皇賞(秋) ~G1予想~

天皇賞(秋)の予想。


フェブラリーS(不良)、高松宮記念(重)、NHKマイルC(やや重)、宝塚記念(やや重)、スプリンターズS(不良)。今年のG1はホントに天気に恵まれない。というか、なんかやけに週末の雨が多いように感じるのは気のせいか?。
現段階では明日の馬場状態がどうなるのかは見えないが、おそらく重、よくてもやや重くらいまでだと思う。悪馬場の巧拙で結果に差が出かねないが、現段階ではやや重くらいの想定で予想するしかない。
前日1番人気はメイショウサムソン。単勝3.7倍。武豊の騎乗もあってか1番人気に推されたが、馬インフルエンザにかかったこともあり、順調とは言いがたい状況での参戦。宝塚記念ではハイペースの流れの中2着に入り、単にスローペース専用馬ではない一面を見せた。有力馬が外枠にいったこともあり、内枠は有利だが、変に包まれると、馬場の悪いところを通ることになりかねない。色々勘案すると対抗○評価が妥当か。
差の無い前日2番人気はアドマイヤムーン。4.1倍。宝塚記念ではメイショウサムソンを破り、堂々現役最強馬となった。ゴドルフィンにトレードされて初のレースとなる。本気度が疑われるところだが、万全で本気だとしても、この馬場での追い込み勝負はかなりリスキーといえるだろう。ペースは遅くなりそうな気もするし、逆に速くなってもおかしくないメンバーではある。実力は間違いなく現役最強なので、勝ってもおかしくないが、ここは三番手▲まで。
3番人気ダイワメジャーは5.8倍。宝塚記念では謎の大敗、そして前走毎日王冠では3着と、さすがのメジャーにも翳りが出てきたのかと思われもするが、前走は負けてなお強しの内容だったし、一度叩いた上積みは上記2頭より有利と見る。ここは本命で。枠が外目なので逃げるということにはならないだろうが、ペースがそれ程速くならなければ、連覇の線も充分ある。後は安勝が上手くスタートしてくれることを祈るのみだ。
同じく5.8倍で並ぶポップロックはペリエが騎乗。2000mに出走するのは3歳1月のこと以来、実に3年9ヶ月振りだ。距離的にやっぱりちょっと2000mでは短いようにも見えるし、なによりG1ではちょっと足りないよう思える。△評価まで。
以下面白そうなのは△デルタブルース、△コスモバルク、△カンパニーあたり。特にデルタブルースはもう一花ありそうな雰囲気を感じる。
馬券的には三連単を中心にいく予定。