« | »

2007.10.13

秋華賞 ~Jpn1予想~

秋華賞の予想。


前日の単勝オッズ。ダイワスカーレット3.0倍、ウオッカ3.2倍、ベッラレイア3.5倍。まさに3強対決の様相を呈しているが、馬券的にはなかなか難しい。
ウオッカの取捨が難しい。まず休み明け。凱旋門賞を目指していただけに、スケジュール的にも順調とはいえないものがあるだろう。それにさきほどデイリー杯のところでも書いたが、四位騎手は決して上手い騎手とは言えない。不利と言われている京都2000mの外枠をどう克服するか、いや、出来るのかという不安がある。ダービー馬だし、実力的には問題は無いだろうが、今回は勝つかあるいはボロ負けかのどちらかではないかと見る。評価的には▲までが妥当だと思う。
ダイワスカーレットは堅実だ。スローペースを先行して抜け出す競馬で、パーフェクト連対中。今回もお約束のように逃げ馬がいないので、スタートで後手を踏まなければ逃げることになるだろう。スローで逃げて上がり3ハロン33秒台で上がってしまうのだから追いつける馬がいないのは当然なわけだが、仕掛けのタイミングなど騎手の判断で逆転できる目があると見る。今回の評価は対抗○まで。
逆転できるであろうと踏んだ本命は◎ベッラレイア。オークスは惜しい競馬で、結果的には早仕掛けだったということになってしまったが、実力があるところは見せた。強力な差し脚が武器なので、最後はダイワスカーレットを捕らえ切れるかというところがポイントになるが、今回は捕らえ切れると見る。前走のローズSはダイワに完敗の態であったが、着差は0.1秒。上がり3ハロンは0.4秒ベッラレイアが上回っており、武豊騎手はこれで脚が測れたと思う。後は仕掛けのタイミング、脚の使いどころだけの問題で、これはもう武豊騎手を信じるしかない。
ということで結局3強という予想になってしまったが、馬券的には単勝勝負予定。
一応、以下△ザレマ、△ラブカーナ、△ピンクカメオあたりは結構面白いと思う。