« | »

2007.09.30

スプリンターズS ~G1回顧~

スプリンターズSの回顧と馬券結果。


詳細
スプリンターズS
◎6サンアディユ 1番人気 2着
○14クーヴェルチュール 6番人気 8着
▲15スズカフェニックス 2番人気 9着
△4オレハマッテルゼ 12番人気 14着
△7アストンマーチャン 3番人気 1着
△10コイウタ 8番人気 11着
△16キングストレイル 4番人気 4着
雨の不良馬場。G1がこんな馬場では正直、台無しだよね。なんか対策が必要だと思うんだけど、そう簡単にはいかないか。
逃げたのは3番人気△アストンマーチャン。最初の3ハロン33.1秒というのは馬場を考えれば相当に速いペース。4角でさらに離して、追いすがる後続を封じ込めてそのままG1初制覇となった。激しい2着争いは1番人気◎サンアディユが5番人気アイルラヴァゲインをクビ差押さえた。
馬連6-7が的中。1180円。安いが、まぁよし。
勝ったアストンマーチャンは果敢な作戦が上手くハマったということだろう。ローエングリンが中途半端な競馬をしてくれたのも助かったところ。上がり3ハロンは36.3秒もかかっておりこの馬もバテたが、先行馬が皆同じようにバテ、後方から追い上げられない馬場だったという具合に、様々な要因が重なっての勝利だった。中舘騎手は逃げ戦法のスペシャリストのイメージが強いが(ダビスタの影響かな?)、まさにその通りの素晴らしい騎乗だった。
サンアディユは道中4番手くらいを追走。直線でも追い上げたが馬場が悪すぎたか。アイルラヴァゲインを捉えてくれてホッとしたわ。
3着のアイルラヴァゲインは2番手から直線も粘ったが、最後は地力の差のように感じた。無印ではあったけど、エルコンドルパサーの仔ということもあって心の中で応援はしてるんだけどね。
6番人気○クーヴェルチュールは8着。中団前目でレースをして、直線でも外から来てはいた。こちらはもっと積極的な競馬をして欲しかったところ。後藤騎手は最近中途半端な競馬が多いイメージがあるなぁ。
2番人気▲スズカフェニックス9着。後方3、4番手から。最後は大外追い込んできたが、この馬場では伸びない。その上休み明けっていうのもあったのかもしれない。
馬券はかろうじて当たったけど、不良馬場っていうのが消化不良な感じだね。スピードを競うG1なだけに特に残念な気持ちで一杯だ。