« | »

2007.09.16

セントライト記念、ローズS

セントライト記念とローズSの馬券結果。


詳細
セントライト記念
◎7ロックドゥカンブ 1番人気 1着
○3マイネルダイナモ 4番人気 8着
▲11スクリーンヒーロー 14番人気 3着
△1ゴールデンダリア 2番人気 2着
△5メイショウレガーロ 5番人気 14着
難解なレース。3連勝のロックドゥカンブに期待しての本命。
逃げたのはアップルサーダー。1000m59.1秒なので平均ペースくらい。3、4コーナーから各馬進出。直線入って先行していた1番人気◎ロックドゥカンブが抜け出し、外を回って追い込む2番人気△ゴールデンダリアの猛追をものともせず快勝。混戦ムードではあったが、1、2番人気の堅い決着。馬連1-7が的中。520円。5点買いだからかろうじてマイナスにはならなかった。しかし、これ3連単で買っても取れたなぁ。折角人気薄のスクリーンヒーローを狙ってたのに。
勝ったロックドゥカンブはこれで4連勝。本命馬不在の菊花賞戦線の主役に躍り出た。父レッドランサムはHail to Reason系Robertoの直仔で、長距離に向いた血統だ。もっとも、スローペース確実の菊花賞に血統的裏づけは必要ないだろうが、それでも適正があるに越したことは無いだろう。2分12秒0はお世辞にも良いタイムとは言えないし、斤量に恵まれた部分も否定できない。だが、無敗ということはそれだけで何か期待させるものがある。菊花賞でも注目だ。
ローズS
◎5ダイワスカーレット 1番人気 1着
○1ベッラレイア 2番人気 2着
▲8ピンクカメオ 4番人気 4着
こちらのレースは鉄板だと思ったので、馬券はピンクカメオの複勝一点で。
逃げ馬不在で、押し出されるように1番人気◎ダイワスカーレットが先頭へ。1000m60.4秒の楽なペースで競り掛ける馬も無くそのまま直線へ。内を突いて2番人気○ベッラレイア、3番人気レインダンスが追いすがるが差は縮まることなく、そのままダイワスカーレットが逃げ切り勝ち。2着ベッラレイア、3着レインダンス、4着ピンクカメオで、4着まで人気順の堅い堅い決着。馬券買うレースじゃなかった。
ダイワスカーレットは秋華賞に向けて万全なスタートを切れたといって良いだろう。この馬とウオッカの対決は、この秋競馬の目玉の一つなだけに、馬券はのことはさておき、とりあえず勝ってもらってよかった。ウオッカは秋華賞直行だと思うが、夏の成長なども含めてのこの2頭の比較は難しくそして楽しいね。
2着のベッラレイアは+18kg。今回のレースは完敗だったが、叩いてどこまで良くなるか。ただし、能力的には相当な差がありそうに思える。
俺の本命ピンクカメオは4着。1800mならもうちょっと良いレースになるかと思って複勝で勝負したんだけどな。やはりペースが上がったほうがいいだろうし、そういう意味でも、距離はマイルくらいまでが向いているのかもしれない。
東西両トライアル。とんでもなく堅い決着で、馬券的な旨みは全く無かったが、内容的にはどちらのレースもG1に繋がる好レースだった。来週は菊花賞トライアル神戸新聞杯もあるし、目が離せない競馬が続くね。