« | »

2007.08.03

スティルインラブ死亡

2003年の牝馬三冠馬スティルインラブ(7歳)が繋養中の北海道下河辺牧場で死亡した。死因は小腸の腸重積。(JRA)


2003年の年度代表馬がこの馬じゃなくて、G1を二つ勝っただけのシンボリクリスエスだったことに激しく疑問を感じたのを思い出す。
評価はそれ程高くなかったのかもしれないが、牝馬三冠というのは史上二頭しかいないということからも分かるとおり、大変な偉業だ。若い3歳牝馬が春から秋まで、1600mから2400mまで活躍し続けるというのはそれほどに難しいことなのだ。
非常に残念なことだが、産駒はキングカメハメハの牡馬(当歳)一頭ということで、牝系としては途絶えてしまうけれど、この牡馬の活躍を期待したいね。