« | »

2007.06.23

宝塚記念 ~G1予想~

スイープトウショウの回避が残念だが、それでもG1馬7頭の豪華メンバー。おまけに雨予報で、実に難解だ。


本命は◎カワカミプリンセスでいく。前日6番人気。前走ヴィクトリアマイルでまさかの10着。しかし休み明けでその上出遅れではやむを得ない。見限るにはまだ早い。牡馬より斤量が2kg軽いのも有利だ。
相手は○ダイワメジャー。前日3番人気。2000m以上で勝ったことがないことで不安視されているが、去年の秋以降の充実振りはとにかく凄い。ペースが落ち着けば、この馬が勝利に最も近いだろう。
▲アドマイヤムーンは前日4番人気。先日も書いた通り、この馬がおそらく今一番能力が高いと思われるが、問題は乗り替わり。仕掛けの難しい馬なだけに、初騎乗で上手くいくかどうか疑問だ。ハマれば勝機も充分にあるが、ここは3番手評価まで。
△ウオッカが前日1番人気。斤量51kgというのは確かに魅力だが、古馬とは当然初対決。3歳馬のレベルも今のところ高いのか低いのかよく分からない状況で、中心視するのは危険だ。勝てば今までに例の無いスーパーヒロイン誕生ということになるし、この後に控える凱旋門賞のためにも好走を期待したいところではある。
強力4歳勢の代表格△メイショウサムソンは前日2番人気。この馬が好走できるかどうかはペースに掛かっているが、明日は強力な先行馬も多い。天皇賞(春)はあまりに弱いメンバーだったので、ここが真価を試されるレースとなるだろう。
7番人気△シャドウゲイトが要注意。海外遠征帰りを嫌われてのこの低評価だろうが、ただいま絶好調。悪い馬場にも強いし、先行力もある。穴を開けるとすればこの馬と見た。
馬券的には本命から手広く。