« | »

2007.06.02

安田記念 ~G1予想~

5週連続G1とJRAは謳っているが、実際のところ、G1は今週の安田記念だけで、今までの4週はJpn1だったわけなのだけどそんなことはどうでも良いか。


外国馬(全て香港)が4頭も出走してきていて、これぞ本当のG1と言うべき華やかな状況。ただしその分、馬券は非常に難しくなった。外国馬は実績が凄くてもそのまま鵜呑みに出来ないし、逆に大した実績がなくても日本の芝が合えば激走を見せたりする。
そんな外国馬で一番の注目は去年も安田記念に来て、3着となったジョイフルウィナーだ。後方集団から早めに仕掛けて3着に粘り、高い能力と日本の芝への適正を見せた。調子が見えないので▲評価にするが、去年より軽いメンバーの今年は着順を1つ2つ上げてもおかしくない。
後の外国馬は正直よく分からないのでスルーとする。走ってみないと何ともいえない。
本命は日本馬から。前日7番人気◎エアシェイディ。前走の謎の大敗で大きく評価を落としているが、東京コースは(4.3.0.0)と得意中の得意。脚質的にも長くて広い東京の直線が合うし、ここは大チャンス到来だ。
相手は○ダイワメジャー。スズカフェニックスと並んで前日1番人気。去年は良い位置に付けながら直線で伸び切れず4着。だが、秋にはG1連勝という大躍進を見せていて、去年とは別の馬と言っても良いかもしれない。ペースがあまり速くなりすぎると後方勢の餌食になるが、流れが落ち着けばこの馬が一番栄冠に近い。
同じく前日1番人気の△スズカフェニックスは、前走高松宮記念で鮮やかにG1初制覇。ただあまりに素晴らしい勝ち方だっただけに、逆にスプリンターとしての素質の方が高いのではないかという危惧がある。マイル以上の距離でも良績を残してはいるが、スプリントほどの素晴らしい能力が発揮できるのか、ここが真価を問われることになるだろう。
以下△キストゥヘヴン、△ジョリーダンスのヴィクトリアマイル好走組。
馬券は人気薄からなので、手広く流す予定。